DS-160を完成させないと面接は受けられない

アメリカビザの
全ての申請者は、
電子書式DS−160を
作成する必要があります

米国大使館/総領事館での
面接の前に
オンラインで作成し、
面接当日には
DS-160の
確認ページを
印刷したものを
他の書類と
共に提出します。

もともと4種類あった
ビザ申請書式が
1つにまとめられたため
(2010年使用開始)、
質問項目が多く、
申請者に関する
詳細な情報が求められます。

面接までの
スケジュールを考え、
段取り良く書類を
完成させなければなりません。

例えば、
直近過去5回分の渡米歴や
詳しい学歴、職歴など、
すぐに分かるように
申請者自身の情報を
事前に整理しておくと
スムーズです。

また、
申請者の顔写真を
電子書式上に
アップロードする
必要がありますが、
写真が要件に
見合っていないと
オンラインでの
審査にパス出来ず
アップロードが
できません。

初めから
要件をよく確認して
写真を撮影しないと、
電子書式を
完成させる事が
できなくなり、
思いがけず
時間を費やす事に
なりますのでご注意下さい。

《デジタル画像要件》
http://japan2.usembassy.gov/pdfs/wwwf-visa-photos-ej.pdf

JGIアメリカビザセンター
1991年創業以来、
アメリカビザに特化した
申請代行をする
プロフェッショナルです。

アメリカビザ申請の
コツを知り尽くした
JGIアメリカビザセンターに、
どうぞお任せ下さい!