非移民ビザ申請時の大前提とは

各種アメリカ非移民ビザを
申請・取得する際、

「アメリカに
 永住する意図が
 絶対にない」

というのが
大前提です。

非移民ビザを
取得した人は、
渡米目的を果たしたら
必ず日本に
帰国することが
絶対条件となります。

どんな渡米目的であれ、
アメリカでの滞在は
あくまで一時的であり、
最終的には
日本に帰国する
という証明材料を、
非移民ビザの申請内容を
十分検討した上で
準備する必要があります。
また、
領事面接時の対応にも
注意が必要です。

米国大使館に

「帰国する意思が不十分である」

と判断された場合、
追加書類の提出を
求められたり、
最悪の場合は
ビザを拒否されかねません。

さらに、
非移民ビザを
無事に取得しても、
アメリカ入国時の
入国審査の際に、
審査官に
アメリカ永住を
疑われるような
素振りを見せると、
入国を拒否される
可能性もあります。

アメリカには永住せず
 
 一時的な滞在であること。
 
 渡米目的が達成されたら
 
 必ず帰国する

この考えを、
申請者自身に
よく浸透させる
必要があります。

JGIアメリカビザセンター
1991年創業以来
23年の実績を誇る
アメリカビザに特化した
ビザ申請代行会社です。

アメリカビザの
申請ポイントを
熟知したスタッフが
御社のアメリカビザ申請取得を
トータルでサポート致します。

どうぞお気軽にご相談下さい!