B-2ビザの申請

観光・知人訪問ビザ(B-2)

観光や知人訪問などの目的で
アメリカへ旅行する場合、
90日以内の滞在であれば、
通常は
「ESTA(ビザ免除プログラム)」
渡米することができます。

しかし、
ESTA認証を
「拒否」された方は、
B-2ビザを
米国大使館(東京)に
申請しなければなりません

B-2ビザは

◉観光旅行
◉友人や親戚訪問
◉病気やけがの治療
◉友好・社交団体の集まりへの参加
◉アマチュアの人が
 音楽やスポ-ツなどの催し物に
 参加するために渡米する場合

などに該当します。

B-2ビザを
取得するための要件は
次の通りです。

1.

アメリカ国外に
放棄する意志の無い
住まいがあり、
アメリカでの用事が終わったら、
必ずその住所へ戻る意志があること。

2.

アメリカでの滞在は
あくまでも一時的な
短期のもので、
用事が終わったら
アメリカを離れること。

3.

アメリカでの滞在費と
帰国するための十分な費用があること。

以上を
証明するための
指定の書式はありませんが、
日本での居住を
証明するためには、
日本との
強いつながり
示さなければなりません。

◉勤め先が発行した
 在職証明書や休暇証明書
◉家族が日本にいること
または、
◉家などを所有していることを
 証明する書類など 

を提出して

面接で領事判断を仰ぎます。

また、
B-2ビザ申請のための
米国大使館宛レターには、
「アメリカに永住する意図がない」ことを
説明する必要があります。

(極めて重要なポイントです。
 永住の意図がある人には
 B-2ビザは発行されません。)

アメリカでの用事が終わったら
必ず日本に戻ることを
証明するためには、
日本との強いつながりが
あることを説明した
レタ-が必要です。

B-2ビザの有効期限は、
アメリカで
滞在できる期間ではありません。
アメリカに入国する際、
入国審査官が審査をしたうえで、
滞在期間を決定します。

B-2ビザをお持ちの方には、
通常6ヵ月の滞在許可が与えられます。
その後、
米国移民局(USCIS)に
延長のための
ペティションを
申請すれば、
さらに6ヵ月の滞在延長
認められる場合もあります。

 

◎B-2ビザ申請のための必要書類

項  目

説  明

1) パスポ-ト 残存6ヶ月以上
2) 旧パスポ-ト 過去10年間に発行されたもので、米国ビザが貼付されているもの
3) ビザ申請書(DS-160) オンラインで必要事項を入力し完成させ、電子署名をした後に表示された「確認ペ-ジ」を印刷して大使館に提出して下さい。DS- 160「確認ペ-ジ」には、バ-コ-ドが記載されています。これは大使館がDS-160記載の情報をスキャンする為に必要なものなので、明瞭に印刷されて いなかったり、乱れたバ-コ-ドは受理されません。大使館に提出する前にバ-コ-ドがクリアにプリントされているかどうかを必ず確認して下さい。
4) 写真 1枚 5 cm x 5 cm。正面写真。カラ-写真で背景は白。ス-ツとネクタイ着用をお勧めします。6ヶ月以内に撮影されたもの。顔の大きさは、写真サイズの50%を占めていること。写真はJPEGファイルにしたものをDS-160に取り込まなければなりません。またそれとは別に規定通りの印刷写真をDS-160の「確認ペ-ジ」の所定の場所にホチキス又はテ-プで貼付して下さい。
5) ビザ申請料振込領収書のオリジナル ビザ申請料金($160相当の日本円)を銀行又は郵便局のPay-easyで支払い、ATM領収書のオリジナルをDS-160の「確認ペ-ジ」の右上部にホチキス又はテ-プ留めして下さい。一度振り込んだ料金は、いかなる理由でも払い戻しは不可。
6) サポ-ティングレタ- レタ-では、渡航目的の詳細、詳細な旅行日程、予定滞在日数、旅行終了後は必ず帰国すること、及び日本との強いつながりを説明します。
7) 財政証明書 銀行の英文残高証明書や給与明細等、旅費の一切を賄う証明となるもの
8) 英文休暇証明書 現在の役職名、所属部署名及び雇用年月日を明記して申請者が確かに雇用主の社員であることを証明します。また、休暇開始日及び終了日を記載し、休暇終了後は以前同様の職務に就かせることを証明してもらいます。雇用主責任者の署名入り。
9) 面接予約確認書 面接対象者は14才以上80歳未満の方
10) 透明クリアフォルダ 上記書類をこのリストの番号順に入れて大使館に提出します。

注)就労ビザを取得した駐在員
又はB-1ビザを申請した出張者、
あるいはB-2ビザを
申請した旅行者のご家族が、
本人を訪問する為に、
後日別途にB-2ビザを
申請する場合は、
上記書類の他に、
駐在員、出張者
又は旅行者本人の
ビザ面コピ-と
出入国記録カ-ド(I-94)の表裏コピ-、
戸籍抄本原本、
その英文翻訳、
及び翻訳者証明書が必要です。