ビザとは

ーーアメリカビザ それは時には人の運命をも左右するーー

そもそも、
ビザ(査証)とは何でしょうか。

国が、
自国民以外の外国人が
自身の持つ目的で
入国するにふさわしいかを
事前に審査し発行するもので、

・  その人物が有効な旅券(パスポート)を所持し、
・  且つその人物が特定の目的で滞在し、そのための要件を満たしている

という事を示す証書です。

外国人は、
自身の入国目的に
見合ったビザを申請し、
審査に合格して
ビザを取得すると、
ビザ面が印刷され、
パスポートに貼付されます。
(アメリカビザの場合)

但し、
ビザを持っているだけでは
入国は保証されません。
ビザは、
入国許可申請に
必要な書類の一部なので、
入国及び滞在許可には
入国審査官による
審査が別途あります。

ビザは
外国人が入国の際に必要となる
書類の一部に過ぎません。

しかし、
ビザ申請の際に虚偽が見つかれば、
その国から永久に追放されるという
厳しい処置も取られます。

ビザは、その人の人生をも
左右しかねない、
重要な証書なのです。

1940年に
リトアニアの日本領事館で
六千人のユダヤ人のビザを発行し、
ナチスから命を救った
外交官・故杉原千畝氏は
ビザの重みを教えてくれる
象徴的な存在でもあります。

JGIアメリカビザセンターは、

「Honest is the best policy」

をモットーに、
顧客の皆様の命運を握る
アメリカビザの申請・取得に
社員一同全力で取り組んでいます。