アメリカ非移民ビザ種類一覧

アメリカの非移民ビザには大別して18種類のビザがあります。

A 【外交・公用】

A-1 外交官として米国に赴任する人およびその配偶者、子
A-2   公務で入国する人及びその配偶者、子
A-3   上記の随行員及びその配偶者、子

B 【商用・観光】

B-1  短期商用(就労不可)
B-2  観光(知人訪問、治療を目的とする一時的訪問 *就労不可)

C 【通過】

C-1 一般外国人の第三国への通過
C-2 国連本部関係者の通過
C-3 外国政府公務員の通過

 D 【乗務員】

国際線運送業務に従事する航空機または船舶の乗務員

E 【駐在員】

E-1  条約貿易事業の駐在員とその配偶者、子
E-2  条約投資事業の駐在員とその配偶者、子
E-2C 北マリアナ限定投資駐在員

F 【留学生】

F-1  学生(留学に付随した研修も許可される)
F-2  F−1保有者の同行家族

G 【国際機関関係者】

G-1  国際機関(承認政府からの国際機関代表駐在員)
G-2  国際機関(承認政府の代表として米国での国際機関の会議に出席)
G-3  国際機関(未承認国の代表者または非政府職員)
G-4  国際機関(国連を含む承認国際機関での任務)
G-5  国際機関(G-1,G-2,G-3,G-4の使用人)

H 【一時的雇用者】

H-1B 一時就労(特殊技能者)
H-2A 一時就労(季節農業労働者)
H-2B 一時就労(熟練・非熟練労働者)
H-3  研修生(就労不可)
H-4  Hビザ保有者の同行家族

I 【報道関係者】

取材活動を行う報道関係者及びその配偶者、子

J 【交流訪問者】

J-1  交流訪問者(トレイニー、インターン)
J−2 J-1ビザ所有者の配偶者及び子

K 【婚約者】

K-1  アメリカ市民の婚約者(一時的労働可)
K−2 K−1ビザ所有者の子

L 【同系企業内転勤者】

L-1A 企業内転勤者:管理職・役員
ブランケットL−1
企業内転勤となる多数の駐在員のためのビザ
L-1B 企業内転勤者:特別な知識を持った人
L−2  Lビザ保有者の同行家族

M 【各種学校留学生】 (英語学校を除く)

M-1  各種学校留学生(宝石鑑定、デザイン、美容、飛行機操縦訓練など)
*卒業後の研修はBCISの許可が必要

N 【NATO関係者】
NATO1-6 NATO関係者とその配偶者、子

O 【並外れた能力を有する人】
O-1  科学、芸術教育、ビジネス、スポーツの分野で並外れた能力を有する人
(ノーベル賞、アカデミー賞受賞者等)
O-2  O-1保有者の同行家族

P 【スポーツ・芸術の専門家】
P-1  芸術家、芸能人
(活動のために渡米する特定の運動選手、
芸能人、芸術家および
必要な補助的な業務を行う人に発給される)
P-2  芸術家、芸能人
(米国あるいは他の複数の外国との間で
相互交流訪問プログラムに基づき、
米国の1つまたは複数の団体との
短期交流または芸術活動のために
渡米する芸術家または芸能人に認められる)
P-3  芸術家、芸能人
(文化的に独自なプログラムの中で
公演・訓練・指導を行う個人
またはグループの芸術家または芸能人。
伝統芸能の出身者はP−3)

Q 【文化交流活動】

Q   実地訓練、雇用、および
訪問者の国の歴史・文化・伝統の
普及を目的とした国際文化交流プログラムに
参加するために渡米する人。
プログラムの主催者が
USCISに請願書を提出し、許可を得る必要がある。

R 宗教活動家

神父、牧師、宗教活動家等、宗教関係の仕事に従事し、宗教活動を行う人